So-net無料ブログ作成
検索選択

殺られる (1959) [Movie 1950s]

Des femmes disparaissent / The Road To Shame (1959)

Des Femmes Disparaissent-01.jpg

ピエールはマルセイユの労働者。彼がある日家へ帰ると、フィアンセのベアトリスがどこかへ出ていったあとだった。今日は縫い子仲間のコラリーヌの結婚を祝って、みんなは裁縫屋へ集まっているはずだった。ベアトリスが出てくるのを裁縫屋の入口で待っているピエールを数人の男たちが襲った。彼らの魂胆は、パーティーだと言って若い娘を集め、彼女らの処女を奪い、海外へと売り飛ばそうというものだった・・・。(88min)

Des Femmes Disparaissent-dvd.jpg


処女売春で財をなす暗黒街のギャングと労働者の闘いを描いたフィルム・ノワールの傑作。絶体絶命(ピンチ)」のエドゥアール・モリナロが監督し、G・モリス・デュムランがオリジナル・シナリオを書き、「居酒屋(1956)」のロベール・ジュイヤールが撮影。音楽はアート・ブレイキーとジャズ・メッセンジャースが担当、演奏している。出演はロベール・オッセン、フィリップ・クレー、エステラ・ブラン、マガリ・ノエルなど。

殺られる

殺られる


アート・ブレイキー(Art Blakey, 1919 - 1990)は、アメリカ・ペンシルバニア州ピッツバーグ出身のジャズドラマー。10代後半からバンドで活動しニューヨークへ進出。1944年からビリー・エクスタインの楽団へ入り、1940年代後半からマイルス・デイヴィス、セロニアス・モンク、チャーリー・パーカーらと共演後、1954年から1955年にかけてホレス・シルヴァーと初代のジャズ・メッセンジャーズを結成。クリフォード・ブラウンやルー・ドナルドソンらを擁してジャズ・クラブのバードランドに出演して人気を博した。ジャズ・メッセンジャーズは基本的に2管または3管のフロント+3リズムのコンボ形式のバンド。

殺られる/危険な曲り角 ― オリジナル・サウンドトラック

殺られる/危険な曲り角 ― オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: アート・ブレイキー,ザ・ジャズ・メッセンジャーズ,レイ・ブラウン,ハーブ・エリス,オスカー・ピーターソン,ガス・ジョンソン
  • 出版社/メーカー: マーキュリー・ミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 1995/01/05
  • メディア: CD

Des Femmes Disparaissent

Des Femmes Disparaissent

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Fontana
  • 発売日: 2003/04/21
  • メディア: CD

Jazz & Cinema Vol.2

Jazz & Cinema Vol.2

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Jazz in Paris
  • 発売日: 2007/07/30
  • メディア: CD

Juste Pour Eux Seuls - Art Blakey & The Jazz Messengers



Moanin' - Art Blakey & The Jazz Messengers


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。