So-net無料ブログ作成
検索選択
Movie 1950s ブログトップ
前の10件 | -

ホワイト・クリスマス (1954) [Movie 1950s]


White Christmas poster.jpg

ボブとフィルは、戦争中の旧友で戦後はラジオに舞台にと活躍する芸人コンビ。あるホテルのショーに出演していた姉妹の芸人に好意を持った二人は、ホテルの経営者が戦時中の部隊長で経営困難に陥っていると知り、自分達の興行で援助しようと決めるが、姉妹の姉は、彼らが私利私欲からショウを企画していると誤解し、二人の元を去って行く。しかし最後には誤解も解け、心暖まるあの名曲「ホワイトクリスマス」が雪の降る舞台で歌われる・・・。



1942年に製作された「Holiday Inn(邦題/スイング・ホテル)」のリメイクで、ビング・クロスビーが唄い以来大スタンダード・ナンバーとなった「White Christmas」を題名にし、更にその歌の名を高めたアーヴィング・バーリンの作詞作曲によるミュージカル映画。監督はマイケル・カーティス、撮影はロイヤル・グリグスが担当。出演はビング・クロスビー、ダニー・ケイ、ローズマリー・クルーニー、ヴェラ・エレンなど。

ホワイト・クリスマス スペシャル・エディション

ホワイト・クリスマス スペシャル・エディション

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: DVD

Bing Crosby - White Christmas




Holiday Inn / スイング・ホテル (1942)

歌の巧いジム・ハーディとダンスの上手なテッド・ハノオヴァは、ライラ・デイクスンと三人組で、ニューヨークのナイトクラブに出演していた。ジムはライラが承知したので、コネチカット州のミドヴィルという村に農場を買い、芸人の足を洗って結婚生活に入る準備をした。ところがクリスマスも前夜いよいよ最後の晩にライラはねがえり、テッドと婚約してしまう。ジムはさびしく田舎に一年を送ったが、一年目のクリスマス前夜にテッドを訪ねてブロードウェイに現れた。その夜ジムは花屋の売り子をしているリンダ・メイスンという芸人志望の娘に会った。ジムはミドヴイルの家を改造して、祭日だけフロア・ショウを見せて開場するという企画で、ホリデイ・インを始めるから、テッドに出演を頼みに来たのだった。テッドは変人扱いにして相手にしなかったが、翌日リンダが来て歌い踊る契約をした。ジムとリンダは互いに心をひかれつつ、大みそかの夜ホリデイ・インは開業した。しかしその夜・・・。

スイング・ホテル

スイング・ホテル

  • 出版社/メーカー: ファーストトレーディング
  • メディア: DVD

Bing Crosby - White Christmas



Holiday Inn poster-01.jpg

nice!(0)  コメント(33)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

成功の甘き香り (1957) [Movie 1950s]

Sweet Smell Of Success (1957)

Sweet Smell of Success poster04-01.jpg

成功を夢見る若きプレスエージェントのシドニー・ファルコ(トニー・カーティス)は、ニューヨークのショービジネス界に絶大な権力を振るう人気コラムニスト、J.J.ハンセッカー(バート・ランカスター)のために口八丁手八丁で記事のネタを集めていた。ある日ハンセッカーから彼の妹スージーとジャズギタリストの仲を裂くよう依頼されたファルコは、策略をめぐらしてギタリストのスキャンダルを記事にする。しかし、スージーが自殺を図り、寸前に助けたファルコはJ.J.に誤解されてしまう…。


ニューヨークは新聞コラムニストが牛耳る!野心と欲望が渦巻くニューヨークを最も忠実に描き出した作品として人気が高く、ショービジネス界の裏側を赤裸々に描き、バート・ランカスター、トニー・カーティスというハリウッド・スター2人が悪役に挑戦したことでも映画史に残る内幕ドラマの傑作。

成功の甘き香り

成功の甘き香り


コスモポリタン誌に連載されたアーネスト・リーマンの小説からクリフォード・オデッツとアーネスト・リーマンが共同脚色し、「ハイ・アンド・ドラム」などの作品をイギリスで監督したアレクサンダー・マッケンドリック初ハリウッド作品「成功の甘き香り(1957)」のサントラ。別々にリリースされていたチコ・ハミルトンのジャズ・スコアとエルマー・バーンスタインのオーケストラ・スコアサントラを1枚にまとめた2in1仕様。映画の中でチコ・ハミルトンの演奏が見られる。

Sweet Smell of Success [Motion Picture Soundtrack]

Sweet Smell of Success [Motion Picture Soundtrack]

  • アーティスト: Elmer Bernstein,Chico / Katz, Fred Hamilton,Elmer Bernstein,Chico Hamilton Quintet
  • 出版社/メーカー: Cherry Red
  • 発売日: 2008/03/25
  • メディア: CD

Jazz Themes from The Movie Track

Jazz Themes from The Movie Track

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Fresh Sound
  • 発売日: 2008/10/07
  • メディア: CD

Sweet Smell Of Success / Jazz Club



Sweet Smell of Success poster02.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

夜の豹 (1957) [Movie 1950s]

Pal Joey (1957)

Pal Joey poster02-01.jpg

芸人ジョーイは才能はあるが、極めてワガママ。そして女に手が早く、あちこちでトラブルを起こして厄介ばらいされていた。無一文でサンフランシスコへやって来たジョーイは旧友ネッドが働くナイトクラブで強引に職を得る。そこで一儲けを企むジョーイは大富豪の未亡人、ベラの愛人となるが、そんなジョーイをよそにコーラス・ガールのリンダは密かに彼を愛し始めていた・・・。(109min)


ジョン・オハラの同名小説を、リチャード・ロジャースとロレンツ・ハートがミュージカルにし、それを映画化した。脚色は「掠奪された七人の花嫁」のドロシー・キングスレー、監督はジョージ・シドニー。音楽はモリス・W・ストロフが総指揮、舞台でのリチャード・ロジャース=ロレンツ・ハートの作曲・作詞をネルソン・リドルと「ピクニック」のジョージ・ダニングが改作、リドルが編曲した。出演はキム・ノヴァク、フランク・シナトラ、リタ・ヘイワースなど。

夜の豹

夜の豹


リチャード・ロジャース(Richard Rodgers、1902 - 1979)はアメリカの作曲家。ニューヨークのクイーンズ区で生まれる。作詞家のローレンツ・ハート、オスカー・ハマースタイン2世とのコンビで数多くのミュージカルの曲を書いた。特にオスカー・ハマースタイン2世とのコンビでは、34のトニー賞、1つのアカデミー賞を獲得するなどの成果をおさめた。代表作に「オクラホマ!(Oklahoma!)」(43)、「回転木馬(Carousel)」(45)、 「南太平洋(South Pacific)」(49)、「王様と私(The King and I)」(51)、「サウンド・オブ・ミュージック(The Sound of Music)」(59)など。

Pal Joey

Pal Joey

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Blue Moon
  • 発売日: 2008/05/05
  • メディア: CD

Bewitched - Rita Hayworth



The Lady Is A Tramp - Frank Sinatra



Pal Joey poster01-01.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

十戒 (1956) [Movie 1950s]

The Ten Commandments (1956)

The Ten Commandments poster02-01.jpg

あるヘブライ人の奴隷がエジプト王の迫害から我が子を守るため、川に産まれたばかりの幼子を流した。幼子はエジプト王の妹に拾われてモーゼ(チャールトン・ヘストン)と名付けられ、成長した彼は文武に優れた人物となり次代のファラオとして期待されたが、素性を暴かれたモーゼはエジプトから追放されてしまう。彼は放浪の末、辿り着いたシナイ山の麓で「名の無い神」の存在を知り、その啓示を受ける。彼はエジプトへ戻りヘブライ人の自由を訴えるが、かつてのライバル・ラムセス2世(ユル・ブリンナー)はかたくなに拒否を続けた。やがてラムセスが折れる形で奴隷達は解放されたのだが・・・。(232min)



セシル・B・デミルが監督した「十誡(1923)」の再映画化で、製作費1350万ドルを費やしたというスペクタクル宗教史劇、エニアス・マッケンジー、ジェシ・L・ラスキー・ジュニア、ジャック・ガリス、フレドリック・M・フランクの4人が脚本を書き、ロイヤル・グリグスが撮影、特殊撮影を受け持ったジョン・P・フルトンはアカデミー賞を受賞した。音楽はエルマー・バーンスタインが担当。出演はチャールトン・ヘストン、アン・バクスター、ユル・ブリンナー、エドワード・G・ロビンソンなど。


音楽を担当したエルマー・バーンスタイン(Elmer Bernstein、1922 - 2004) は、アメリカ・カリフォルニア州オハイオ生まれの作曲家。子供の頃からダンサー・子役として活躍していたが、次第に音楽に傾倒するようになり、奨学金を得てピアノを学ぶようになる。『十戒』『黄金の腕』『荒野の七人』『大脱走』『モダン・ミリー』など、200以上の映画・テレビで音楽を担当。

Music From The Soundtrack Of Cecil B. DeMille's The Ten Commandments

Music From The Soundtrack Of Cecil B. DeMille's The Ten Commandments


The Ten Commamdments - Prelude(MainTitle Music)



Charlton Heston-01.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

河の女 (1955) [Movie 1950s]

La Donna Del Fiume / Woman Of The River (1955)

La Donna Del Fiume poster03-01.jpg

ポー河河口の漁村。密輸も働く気の荒い漁師は魚工場で働く女をものにしたが、あっさりと捨ててしまう。やがて身重になった彼女に、恋心を抱いていた警官が男の密輸を摘発しろと迫った。棄てられても漁師を愛していた女は、彼に知らせようとするが・・・。そこから事態は悪化、やがて訪れる悲惨な出来事を前にして、男が真実の愛に目覚めるまでを描く。(99mi)


イタリアの作家アルベルト・モラヴィア(「ローマの女」の原作者)と、エンニオ・フライアーノのによる書下しストーリーをバジリオ・フランキーナなどが共同脚色し、マリオ・ソルダーティが監督した。音楽はアンジェロ・フランチェスコ・ラヴァニーノとアルマンド・トロヴァヨーリがそれぞれ担当。出演はソフィアローレン、リック・バッタリア、ジェラール・ウーリー、リーゼ・ボウルディンなど。

河の女-01.jpg

村祭でソフィアが歌いながら踊るダイナミックなナンバー「マンボ・バカン」が大ヒット。当時ペレス・プラードがマンボ王として君臨し、世界的にマンボ・ブームだった。「マンボ・バカン」はスペイン語で、豚肉や唐辛子、野菜などをバナナの葉で包んだ料理の名前だという。日本では雪村いづみ、ゴールデン・ハーフなどがカヴァーしている。

La Donna Del Fiume lp-01.jpg

ベスト・オブ・マンボ

ベスト・オブ・マンボ

  • アーティスト: ノロ・モラレス楽団,ペレス・プラード楽団,ザビア・クガート楽団,ルイス・アルカラス楽団
  • 出版社/メーカー: BMG JAPAN
  • 発売日: 2002/10/23
  • メディア: CD


Mambo Bacan - Sophia Loren



La Donna Del Fiume photo02-01.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

殺られる (1959) [Movie 1950s]

Des femmes disparaissent / The Road To Shame (1959)

Des Femmes Disparaissent-01.jpg

ピエールはマルセイユの労働者。彼がある日家へ帰ると、フィアンセのベアトリスがどこかへ出ていったあとだった。今日は縫い子仲間のコラリーヌの結婚を祝って、みんなは裁縫屋へ集まっているはずだった。ベアトリスが出てくるのを裁縫屋の入口で待っているピエールを数人の男たちが襲った。彼らの魂胆は、パーティーだと言って若い娘を集め、彼女らの処女を奪い、海外へと売り飛ばそうというものだった・・・。(88min)

Des Femmes Disparaissent-dvd.jpg


処女売春で財をなす暗黒街のギャングと労働者の闘いを描いたフィルム・ノワールの傑作。絶体絶命(ピンチ)」のエドゥアール・モリナロが監督し、G・モリス・デュムランがオリジナル・シナリオを書き、「居酒屋(1956)」のロベール・ジュイヤールが撮影。音楽はアート・ブレイキーとジャズ・メッセンジャースが担当、演奏している。出演はロベール・オッセン、フィリップ・クレー、エステラ・ブラン、マガリ・ノエルなど。

殺られる

殺られる


アート・ブレイキー(Art Blakey, 1919 - 1990)は、アメリカ・ペンシルバニア州ピッツバーグ出身のジャズドラマー。10代後半からバンドで活動しニューヨークへ進出。1944年からビリー・エクスタインの楽団へ入り、1940年代後半からマイルス・デイヴィス、セロニアス・モンク、チャーリー・パーカーらと共演後、1954年から1955年にかけてホレス・シルヴァーと初代のジャズ・メッセンジャーズを結成。クリフォード・ブラウンやルー・ドナルドソンらを擁してジャズ・クラブのバードランドに出演して人気を博した。ジャズ・メッセンジャーズは基本的に2管または3管のフロント+3リズムのコンボ形式のバンド。

殺られる/危険な曲り角 ― オリジナル・サウンドトラック

殺られる/危険な曲り角 ― オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: アート・ブレイキー,ザ・ジャズ・メッセンジャーズ,レイ・ブラウン,ハーブ・エリス,オスカー・ピーターソン,ガス・ジョンソン
  • 出版社/メーカー: マーキュリー・ミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 1995/01/05
  • メディア: CD

Des Femmes Disparaissent

Des Femmes Disparaissent

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Fontana
  • 発売日: 2003/04/21
  • メディア: CD

Jazz & Cinema Vol.2

Jazz & Cinema Vol.2

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Jazz in Paris
  • 発売日: 2007/07/30
  • メディア: CD

Juste Pour Eux Seuls - Art Blakey & The Jazz Messengers



Moanin' - Art Blakey & The Jazz Messengers


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

彼奴を殺せ (1959) [Movie 1950s]

Un Temoin Dans La Ville (1959)

Un Temoin dans la Ville-01.jpg

業家ピエール(ジャック・ベルティエ)は愛人のジャンヌを夜行列車から突き落とす。警察は事故死と断定した。ある夜、ピエールが屋敷に戻ると、ジャンヌの夫アンスラン(リノ・ヴァンチュラ)がいる。アンスランは自殺をよそおって、ピエールを殺害する。しかし、屋敷を出るところをアンスランは、ピエールが呼んだ無線タクシーの運転手ランベール(フランコ・ファブリーツィ)に目撃される。アンスランはその無線タクシーを調べ、ランベールを見張り、彼のアパートをつきとめた。夜勤に出たランベール。そこへアンスランは、客としてタクシーに乗り込むのだが・・・。

彼奴を殺せvhf-02.jpg

妻を殺した愛人に復讐した男が顔を見られたタクシー運転手の口を塞ごうと狙うサスペンス。「殺られる」のエドゥアール・モリナロが監督したフィルムノワールの代表作。原案を、エドゥアール・モリナロのほか、俳優のジェラール・ウーリー、「悪魔のような女」のコンビ、ボワロー・ナルスジャック、アラン・ポワレの4人が作成し、脚本をウーリーとボワロー・ナルスジャックが書いた。撮影は「大人は判ってくれない」のアンリ・ドカエ。音楽はバルネ・ウィランで、演奏はケニー・クラーク・クィンテット。出演はリノ・ヴァンチュラ、サンドラ・ミーロ、フランコ・ファブリッツィなど。

彼奴を殺せvhf-01-01.jpg

音楽を担当したバルネ・ウィラン(Barney Wilen)はフランスのニース生まれ。叔父からプレゼントされたアルト・サックスを吹き始め独学でマスター。間もなくパリに移りアメリカミュージャンと交流する。57年に初リーダーアルバムを吹込み、単身渡仏中のマイルス・デイヴィスに認められ、彼とのツアー後に58年公開の映画「死刑台のエレベーター」のサントラで共演、その後「殺られる」「彼奴らを殺せ」「危険な関係」と映画のサントラに参加。60年代にフリージャズに傾倒するも70年代は目立った活動はなかったが、85年に新作を出して以来フランスジャズ界のベテランとして精力的に活躍した。

Un témoin dans la ville

Un témoin dans la ville

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Universal
  • メディア: CD

Jazz et Cinema, Vol. 1

Jazz et Cinema, Vol. 1

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Jazz in Paris
  • 発売日: 2007/07/30
  • メディア: CD

Melodie Pour Les Radio-Taxis / Barney Wilen


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

或る殺人 (1959) [Movie 1950s]

Anatomy Of A Murder (1959)

Anatomy of a Murder poster01-01.jpg

金儲けが下手な弁護士ポール・ビークラー(ジェームズスチュアート)は、妻(リー・レミック)をレイプした犯人を射殺した軍人(ベン・ギャザラ)の弁護を引き受けた。検事(ジョージ・C・スコット)側はレイプなど存在せず、妻を寝取られた軍人が逆上して起こした計画的殺人だと主張。レイプの存在と衝動殺人ということを主張するポールは、アル中の老弁護士バーネル(アーサー・オコンネル)の協力を得て法廷に挑むが・・・。(153min)


若い陸軍将校が妻を強姦した男を射殺するという事件を中心にしたロバート・トレイバーのベストセラー小説『錯乱』の映画化。脚本はウェンデル・メイス、監督は「悲しみよこんにちは」のオットー・プレミンジャー、撮影を「手錠のままの脱獄」のサム・リーヴィット、音楽はデューク・エリントンが担当している。出演はジェームズ・スチュアート、リー・レミック、アーサー・オコンネル、ベン・ギャザラなど。

或る殺人

或る殺人

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD

ジャズ界の重鎮デューク・エリントンが、初めて映画音楽を担当した作品で、全編ニュースコアのエリントン・サウンドが流れる。しかもセリフもあるパイ・アイ役で出演し、主演のジェームズ・ステュアートとピアノの連弾をする場面はジャズファン必見。この映画でエリントンはグラミー賞の最優秀サウンド・トラック賞、映画バックグラウンド・スコア賞を受賞している。

Anatomy of a Murder

Anatomy of a Murder

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Columbia
  • 発売日: 1999/05/03
  • メディア: CD

Opening Credits to "Anatomy of a Murder"



Duke Ellington in "Anatomy of a Murder"



Anatomy of a Murder poster03-01.jpg

Anatomy of a Murder poster02-01.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

危険な関係 (1959) [Movie 1950s]

Les Liaisons Dangereuses (1959)

Les Liaisons Dangereuses 1960-02-01.jpg

パリの上流社会でもっとも洗練された2人ともてはやされる外交官のヴァルモン夫妻。2人は互いのことをだれよりも愛していたが、妻のジュリエットは複数の男と関係を持ち、夫ヴァルモンもまた多くの女性と付き合いながら、それぞれ互いの情事について報告しあっていた。ジュリエットは恋人のひとりであるジェリーが若い娘セシルと婚約したことを知り、その復讐にと、ヴァルモンにセシルの純潔を奪わせた後、ジェリーのものにさせることを企む。(105min)



「大運河」「バーバレラ」のロジェ・ヴァディム監督の1959年作品。ジェラール・フィリップとジャンヌ・モローの2大スターが共演。コデルロス・ド・ラクロ原作の『危険な関係』の映画化で、舞台は原作の18世紀フランスの貴族社会から、現代の上流社会となっている。公開当時のタイトルは普通に『危険な関係』だったが、1995年のリバイバル公開時に現在のタイトルになった。原題に1960(Les Liaisons dangereuses 1960)とついている。

危険な関係

危険な関係


ヨーロッパでシネ・ジャズ・ブームの火付け役といっても過言ではないヴァディム。ジャズ界の巨匠、アート・ブレイキーとセロニアス・モンクを起用し、キャスティングもジャンヌ・モロー、ジェラール・フィリップと当時売れっ子看板俳優を使い話題を呼んだ。シネ・ジャズものの中でも本作のテーマ曲「危険な関係のブルース」は歴史的名曲。

「危険な関係」オリジナル・サウンドトラック

「危険な関係」オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2002/11/20
  • メディア: CD

No Hay Problema - Art Blakey


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

死刑台のエレベーター (1957) [Movie 1950s]

Ascenseur pour I'Echafaud / Elevator to the Gallows (1957)

Elevator to the Gallows poster01-01.jpg

電話で愛を語り合う男女。ジュリアン・タベルニエはフロランス・カララの夫が社長を務める会社の社員で、フロランスと恋人関係にあった。ジュリアンはフロランスの夫を、タベルニエは自殺に見せかけて殺す。いったんは会社を出た彼だが、証拠隠滅のため、会社に戻る。ところが運悪く、タベルニエはエレベーターに閉じこめられてしまう。約束の時間を過ぎても来ないタベルニエを心配し、夜のパリをさまようフロランス。タベルニエに憧れる花屋、その恋人にも焦点を当てながら、物語は思わぬ方向に進んでいく。(92min)



ノエル・カレフのサスペンス小説を映画化した、フランスの名匠ルイ・マル監督のデビュー作。マイルス・デイヴィスによる即興演奏、アンリ・ドカエによる斬新な手持ちカメラを生かした撮影、ジャンヌ・モローのクールな美しさ、フランスヌーヴェルヴァーグの代表的作品。


音楽を担当したのはオリジナル・クインテットを解散した直後のマイルス・デイヴィス。57年にマイルスは単身渡仏、現地のバルネ・ウィラン、ルネ・ユルトルジュ、ピエール・ミシュロ、ケニー・クラークを含むクインテットでツアーを行い、それが終了後、同じメンバーで映画音楽に取り組んだ。事前に映画に目を通していたマイルスはあらかじめいくつかのメロディの断片を用意、本番ではラッシュ・フィルムを観ながら即興で音楽を完成させていった。

死刑台のエレベーター

死刑台のエレベーター

  • アーティスト: マイルス・デイヴィス,バルネ・ウィラン,ルネ・ユルトルジュ,ピエール・ミシェロ,ケニー・クラーク
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2008/05/28
  • メディア: CD

Ascenseur pour l'Echafaud - Miles Davis



Elevator to the Gallows dvd-01.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - Movie 1950s ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。