So-net無料ブログ作成
Movie 1940s ブログトップ

ストーミー・ウェザー (1943) [Movie 1940s]

Stormy Weather (1943)

Stormy Weather poster01-01.jpg

1917年、ヨーロッパ戦線に参加してフランスから帰国したばかりのビル(ビル・ロビンソン)は、ナイトクラブで出会った戦友の妹セリーナ(レナ・ホーン)に恋をするが、一文無しの自分の身を考え、諦めてメンフィスでエイダ・ブラウンが経営しているカフェでウェイターとして働くことにした。そんなある夜、セリーナたちがシカゴのショウに向かうチック(ベイブ・ウォーレス)に連れられカフェにやって来てビルを雇うことに。だが、太鼓の上でタップを踊り人気を得たビルを面白くないチックはビルをクビにしてしまう・・・。


27年にわたる男女の愛の行方を描くブラック・ミュージカル。監督は「オペレッタの王様」のアンドリュー・L・ストーン、ジェリー・ホーウィンとシーモア・B・ロビンソンの原作を基に、フレデリック・J・ジャクソンとテッド・コーラーが共同脚本、音楽はエミール・ニューマンとベニー・カーターが担当。出演はリナ・ホーン、ビル・ロビンソンなど。

Stormy Weather

Stormy Weather

  • 出版社/メーカー: 20th Century Fox
  • メディア: VHS

レナ・ホーン(Lena Horne)はアメリカ・ブルックリン出身のジャズ歌手、俳優。1938年にミュージカル映画『The Duke is Tops』で、美人ジャズ歌手としてデビュー。その後MGMへ移り、43年には舞台『Panama Hattie』で歌った曲「Stormy Weather」がヒットした。50年代に入ってからハリウッドを去り、ナイトクラブでの歌手活動に力を入れるようになる。81年にグラミー賞最優秀ポップス・パフォーマンス賞(アルバム「The Lady and Her Music」)、89年にはグラミー賞の功労賞を獲得。そして95年、アルバム「An Evening with Lena Horne」でグラミー賞最優秀ジャズ・ヴォーカル・アルバム賞を受賞した。

Stormy Weather

Stormy Weather

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Soundtrack Factory
  • 発売日: 2001/01/16
  • メディア: CD

Stormy Weather

Stormy Weather

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Soundtrack Factory
  • 発売日: 2001/01/02
  • メディア: CD

Stormy Weather

Stormy Weather

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sbme Special MKTS.
  • 発売日: 2008/03/01
  • メディア: CD

Stormy Weather - Lena Horne



Stormy Weather - Bill Robinson In The Boat



Jumpin Jive - Cab Calloway & The Nicholas Brothers



Stormy Weather dvd-01.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ローラ殺人事件 (1944) [Movie 1940s]

Laura (1944)

Laura poster01-01.jpg

ニューヨークで名高いデザイナーのローラ・ハントが猟銃で顔を射たれ、見るも無惨な死体となって発見された。警視庁の腕利きの探偵マーク・マクファースンが係となって探査を進めたが、犯人の確証がなかなかつかめなかった。容疑者はローラの婚約者で同じくデザイナーのシェルビー・カーペンター、ローラの親友で批評家として新聞ラジオで有名なウォルドー・ライデッカー、ローラの叔母でシェルビーと親しいアン・トレドウェルの3人で、いずれも怪しい筋はあるが、下手人として逮捕することは出来なかった・・・。(89min)


ジーン・ティアニー 、ダナ・アンドリュース、ク リフトン・ウェップが主演する映画で、ヴェラ・キャスパリーの探偵小説をジェイ・ドラットラー、サム・ホッフェンスティン、ベティー・ラインハートの3人が脚色、監督で俳優でもあるオットー・プレミンジャーが製作監督、この映画でアカデミー賞をとったジョセフ・ラシェルが撮影。音楽を担当したデヴィッド・ラクシンの夢幻的なミディアムスローテンポのテーマ曲『ローラ』(Laura)を伴ったことでフィルム・ノワールの古典として伝説視されるようになった。

ローラ殺人事件 <特別編>

ローラ殺人事件 <特別編>

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD

デヴィッド・ラクシン(David Raksin)はアメリカの作曲家で、100以上の映画音楽と300以上のテレビ音楽に関わり、「映画音楽の祖父」として知られている。初期の映画の仕事の1つは、1936年のチャーリー・チャップリン作曲の『モダン・タイムス』の編曲で、以後1930年代後半から、1970年代にかけて多数の映画・テレビ音楽を手がけた。もっとも有名な作品は、映画『ローラ殺人事件』(Laura)のテーマ曲「ローラ」で、テレビで有名なのはTVドラマ『ベン・ケーシー』シリーズの音楽。2005年に、ラクシンの手がけた「ローラ殺人事件」のスコアがアメリカ映画協会の「アメリカ映画の音楽ランキング」で史上第7位となり、映画音楽としても卓越した作品であることを裏付けた。

Laura (1944 Film) / Jane Eyre (1944 Film) [2 on 1]

Laura (1944 Film) / Jane Eyre (1944 Film) [2 on 1]

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Arista
  • 発売日: 1993/11/09
  • メディア: CD

Laura (Main Theme)



Laura (David Raksin) - Duke Ellington Orchestra


ラクシンの「ローラ」は映画共々大好評となり、テーマはすぐさまストリングス・オーケストラで演奏されるムード音楽の人気曲となり、翌1945年、大作詞家ジョニー・マーサー(Johnny Mercer)が、映画の内容を踏まえ、幻の美女への憧れを訴える格調高い歌詞を与えたことで、ポピュラーソングとして広く歌われるようになった。

Film Noir

Film Noir

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Arista
  • 発売日: 1997/09/16
  • メディア: CD

Laura - Carly Simon


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

イースター・パレード (1948) [Movie 1940s]

Easter Parade (1948)

Easter Parade poster01-01.jpg

イースターを前にダンサーのドンは、パートナーのヘイルをショーに引き抜かれてくさっていた。やけになった彼は踊りの基本も知らないハナーを誘い、チームを組みなおす。2人は大成功をおさめるが、ハナーはドンがヘイルを今でも愛しているのではないかと胸を痛めていた・・・・・。(103min)


全曲に歌曲の王様アーヴィング・バーリンの名曲とダンス・ナンバーが散りばめられた、戦後日本で最初に公開された本格ミュージカル。アカデミー・ミュージカル音楽賞受賞。主演は本作の2年前に引退を表明していたフレッド・アステアと、ジュディ・ガーランド。アステアはくるぶしを痛めたジーン・ケリーの代役として出演、結果引退取りやめとなり、世界を狂喜させた伝説の作品。

イースター・パレード 特別版

イースター・パレード 特別版

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD

イースター・パレード

イースター・パレード

  • 出版社/メーカー: ファーストトレーディング
  • メディア: DVD

音楽を担当したアーヴィング・バーリン(Irving Berlin、1888年–1989年) は、ベラルーシ生まれのアメリカの作曲家、作詞家。正式な音楽教育を受けたことはなかったが、半世紀にわたる音楽活動で膨大な量の優れたポピュラー・ソングを作詞・作曲、ジョージ・ガーシュウィンをして「アメリカのシューベルト」と言わしめた人物。代表曲に「ホワイト・クリスマス」「ショーほど素敵な商売はない」「ゴッド・ブレス・アメリカ」など。

Easter Parade: Original Motion Picture Soundtrack

Easter Parade: Original Motion Picture Soundtrack

  • アーティスト: Irving Berlin,George Stoll,Johnny Green,Roger Edens,MGM Studio Symphony Orchestra,Eadie Griffith,Rack Godwin,Ann Miller,Betty Rome,Blanche Arnaud,Camilla Holliday,Dick Beavers,Fred Astaire,Gene Curtsinger,Judy Garland,Loulie Jean Norman,Peter Lawford
  • 出版社/メーカー: Rhino
  • 発売日: 2002/02/25
  • メディア: CD

Easter Parade / Judy Garland & Fred Astaire


Easter Parade poster02-01.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

第三の男 (1949) [Movie 1940s]

The Third Man (1949)

Third Man poster01-01.jpg

第二次大戦後のウィーン。親友のハリー・ライムの招きでこの街を訪れた作家のマーチンは、到着早々、ハリーが死亡したことを知らされる。ハリーの死には三人の男が立ち会っていたと言うのだが、その三番目の男の正体を追って、マーチンは独自の調査を開始する・・・。


グレアム・グリーンが映画のために原作を書下し、自ら脚色、これをキャロル・リードが製作、監督したサスペンス・スリラーの傑作。音楽は映画のためにウィーンのツィター演奏家アントン・カラスが作曲、自ら演奏。出演はジョゼフ・コットン、アリダ・ヴァリ、オーソン・ウェルズ、トレヴァー・ハワードなど。アカデミー撮影賞のほか、カンヌ国際映画祭ではグランプリを受賞した。(105min)

第三の男 (ユニバーサル・セレクション2008年第5弾) 【初回生産限定】

第三の男 (ユニバーサル・セレクション2008年第5弾) 【初回生産限定】

  • 出版社/メーカー: ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
  • メディア: DVD

アントン・カラス(Anton Karas)は、工員の息子としてウィーンに生まれ育つハンガリー人。12歳で民俗楽器「ツィター」の演奏を始め、15歳の時にはウィーンのホイリゲ(居酒屋)で演奏家として自活していた。戦後、週15ドルという薄給で妻と3人の子供を養っていたが、そのホイリゲ(居酒屋)で演奏中、映画監督・キャロル・リードに見出され、映画『第三の男』(49)の音楽担当者に抜擢される。1950年にシングル盤をリリースし世界的に大ヒットした。

Third Man & Other Original Recordings

Third Man & Other Original Recordings

  • アーティスト: Anton Karas
  • 出版社/メーカー: Jasmine Music
  • 発売日: 2002/11/19
  • メディア: CD

The Third Man / Anton Karas



Third Man photo01.jpg

Third Man poster02-01.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ピノキオ (1940) [Movie 1940s]

Pinocchio (1940)

Pinocchio poster03-01.jpg

『ピノキオ』(Pinocchio)は、1940年に公開されたディズニーによるアニメーション映画。日本での公開は1952年。イタリアのカルロ・コッローディ(Carlo Collodi)作の童話『ピノッキオの冒険(Le Avventure di Pinocchio)』(1883)が原作。

新訳 ピノッキオの冒険 (角川文庫)

新訳 ピノッキオの冒険 (角川文庫)

  • 作者: カルロ コッローディ
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2003/02
  • メディア: 文庫

オモチャ作りのゼペット爺さんが、木の操り人形をつくってピノキオと名づけた。「子供がほしい」というゼペットじいさんの願いを叶えるため、ブルーフェアリーという妖精がピノキオに命を与え、ピノキオがよい子になれば、本当の人間の子供になると約束。しかし、ピノキオは良心というものがわからず、コオロギのジミニー・クリケットが必死で良心を教えようとするが・・・。



『ピノキオ』の主題歌「星に願いを(When You Wish Upon A Star)」は、主人公ピノキオを手助けするこおろぎのジミニー・クリケットが星に願いをする場面で歌われている。作詞はネッド・ワシントン(Ned Washington)、作曲はリー・ハーライン(Leigh Harline)。そしてジミニー・クリケットを演じたクリフ・エドワーズ(Cliff Edwards)が歌い、1940年度のアカデミー主題歌賞を受賞。その後いろんなアーティストが歌い演奏されスタンダード化された。

ピノキオ ― オリジナル・サウンドトラック (デジタル・リマスター盤)

ピノキオ ― オリジナル・サウンドトラック (デジタル・リマスター盤)

  • アーティスト: サントラ,ディッキー・ジョーンズ,クリフ・エドワーズ,ウォルター・キャトレット
  • 出版社/メーカー: エイベックス・トラックス
  • 発売日: 2000/01/19
  • メディア: CD

When You Wish Upon A Star / Cliff Edwards

Pinocchio pic04-01.jpg



Pinocchio pic01-01.jpg

Pinocchio pic03-01.jpg

Pinocchio poster01-01.jpg

Pinocchio poster02-01.jpg

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

カサブランカ (1942) [Movie 1940s]

Casablanca (1942)

Casablanca poster01-01.jpg

戦火近づく'40年の仏領モロッコ、カサブランカは、自由を求めて渡米しようとする人々で溢れていた。ナイトクラブを経営するリックの元へ、ナチの手を逃れてここまでやって来た抵抗運動の指導者が現れる。だがその人物の妻は、かつてパリでリックと恋に落ちたイルザだった・・・。


「君の瞳に乾杯」をはじめ、数々の名セリフと名場面で、いまもハリウッドを代表する作品として、世界中にファンを持つ『カサブランカ』。老練マイケル・カーチス監督が描いたラブ・ストーリー。1943年度のアカデミー賞では、作品賞・監督賞・脚本賞を受賞。主題歌「As Time Goes By」は、今も歌い継がれている名曲である。(103min)

カサブランカ

カサブランカ

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD

テーマ曲として知られる「As Time Goes By」(邦題は「時の経つまま」「時の過ぎゆくままに」「時の流れのままに」など)は、音楽を担当したマックス・スタイナー(Max Steiner)の作曲ではなく、1931年、ハーマン・フップフェルド(Herman Hupfeld)がブロードウェイミュージカル『Everybody's Welcome』のために書かれた曲。Frances Williamsが最初に歌い、初レコーディングしたのはRudy Valleeといわれている。

The Vagabond Lover

The Vagabond Lover

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Pro Arte
  • 発売日: 2005/05/24
  • メディア: CD

映画の中で歌っていたDooley Wilsonは、当時、ミュージシャンのストのため、この曲をシングル・リリースしなかったが、その後、Perry Como、Frank Sinatra、Tony Bennett などいろんなアーティストがこの曲を取り上げるようになった。

Casablanca: Original Motion Picture Soundtrack

Casablanca: Original Motion Picture Soundtrack

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Rhino
  • 発売日: 2002/05/27
  • メディア: CD

As Time Goes By - Dooley Wilson



なんと、あのBillie Holiday も1944年にこの曲をレコーディングし歌っている。ジャズ・ファンにはたまらない。ちょっと雰囲気は違うが彼女らしい「As Time Goes By」を聴くことができる。

The Lady Sings

The Lady Sings

  • アーティスト: Billie Holiday
  • 出版社/メーカー: Proper
  • 発売日: 2001/11/13
  • メディア: CD

As Time Goes By / Billie Holiday



Casablanca photo01-01.jpg

Casablanca poster03-01.jpg

Casablanca poster04-01.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
Movie 1940s ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。